平成30年度 第2回バスハイク「千葉県産高級ブランド“アクアメロン”狩り」

 10月14日(日)午前8時。センター職員3名を含め、102人が大型バス3台に乗り込み、出発しました。小雨が降るあいにくの空模様が幸いしたのか、予定よりだいぶ早く、「道の駅 木更津うまくたの里」に到着しました。ちょうど1年前、木更津に初めてできた“うまくたの里”。入口に大きな落花生のモニュメントがあり、なんだかとっても楽しい気分にしてくれます。地域の特産品など、試食のできるものも多く、朝採れ野菜などと併せてレジが大行列になるほどの人気でした。  
 次に立ち寄ったのは、小泉酒造が運営する「酒匠の館」。常時20種類ほどのお酒が試飲できる(飲みすぎに注意 \(◎o◎)/!)人気の施設です。喫茶「ソムリエ庵」には大吟醸酒入りソフトクリームもあります。(実際に食べている方もおりました。)

 お昼は、今年リニューアルオープンした、館山湾を望む「夕日海岸 昇鶴」(旧夕日海岸ホテル)で「さんが焼定食」をいただきました。食後は潮風を感じながら海を眺めたり、近くを散歩したり、思い思いの時間を過ごしました。

 次はいよいよ、アクアメロンの試食と狩り取り体験です。ガラス張りの温室の入り口でハサミを借り、中に入ると大玉のメロンが紐で吊るされています。一番美味しそうだと思うものを1つ選んだら、落ちないように片手でしっかり持ちながら、メロン特有のT字になるように、蔓を二カ所チョキンと切ります。あちらこちらで、「わっ、重い!」「えっ、こんなに重いの!」と声が上がっていました。農園で用意してもらった箱に詰めてお土産の完成です。 

 試食は、いい感じに冷えたメロン1/4を、ベンチに座っていただきます。アクアメロンの名に恥じないみずみずしさ。果肉をスプーンですくうとすくった部分を満たすほどの果汁が溢れ出てきます。甘みも申し分なく、多くの方が満足されたようでした。

 帰路は大きな渋滞もなく、道楽園と海ほたるPAで休憩し、無事墨田区役所に到着。たくさんのお土産を抱えながら、笑顔での散会となりました。
 参加者の皆さん、お疲れ様でした。