平成29年度 第3回バスハイク「いちご狩りと湯河原梅林“梅の宴”」

 2月4日朝、相変わらず寒いながら、天気は上々。
 いつもより少し多めの130人が墨田区役所に集合し、幕山公園で開催中の「湯河原梅林“梅の宴”」へ出発です。
 首都高、東名と順調に進み、予定より20分も早くバスの駐車場に着いたのですが、ここからが少々大変でした。駐車場から梅林まで500mほど離れている上に、かなりの上り坂。途中でボヤキが聞こえてきたりもしましたが、なんとか公園まで辿り着きました。やっと梅が観られると思ったのも束の間、遠目で見る限り、4千本の梅林には花らしきものが見当たりません。聞くと、前日から始まった“梅の宴”ですが、この冬の寒さで梅の開花が遅れており、ほとんどの木は“つぼみ”のままとのこと。それでも諦めきれず梅林の中を探してみると、ピンクや白のかわいい花を見つけることができました。
 


 軽い運動(?)を済ませたところで、次は昼食です。「ニューウェルシティ 湯河原」内のレストランで、上品に籠に盛られた天麩羅やお造り、茶碗蒸しなどを美味しくいただきました。

 

 湯河原を離れて次に向かうのは、伊豆半島のつけ根三島市の「伊豆フルーツパーク」。途中、湯河原パークウェイでは、車窓から駿河湾や富士山の眺めを楽しみながら、45分ほどでフルーツパークに到着。お楽しみの「いちご狩り」です。ハウスの入り口でミルクの入った容器をもらい、高設栽培された、紅ほっぺと章姫をいただきます。時間無制限なので時間を気にせず(バスの出発時間は決まっています)文字通り思う存分楽しめました。
  
 最後に「沼津ぐるめ街道の駅 竜宮海鮮市場」で“ちょっぴりお土産”(梅林の入場料が無料になったので、その代わりとして)のアジの開きの素揚げ、えびせんべい、お茶をもらい、墨田区役所へ帰ってきました。
 ご参加のみなさまお疲れ様でした。