平成24年度「国内旅行」を実施しました

去る6月9日(土)~10日(日)の2日間「トキの島佐渡の知られざる日本一“トビシマカンゾウ大群落”」を実施しました。
22名が参加し上野駅を出発。事務局2名と添乗員1名が同行しました。

一日目は朝から雨で、ちょっと憂鬱な気分になりましたが、新幹線、ジェットフォイルと乗り継ぎ無事佐渡に到着しました。ジェットたらい舟フォイルは全然揺れず快適な旅でした。逆に接岸して船から降りるときに船酔いの感覚にとらわれました。佐渡についてからも雨でしたが、トキの森公園等を見学し、傘をさしながらたらい舟も体験しました。この後、宿に向かいましたが、加茂湖のほとりで天気がよければ、景色を堪能できたのではないかと思いました。

翌日は、今回の一番の楽しみであった、トビシマカンゾウの群落地である大野亀に向かいました。雨記念写真にたたれた今回の旅行でしたが、ここだけは雨がやみました。7分咲きでしたがトビシマカンゾウがあたり一面に咲いている景観は満足するものでした。この後、尖閣湾揚島遊園に着くまでの日本海の景色がすばらしかったです。この道は一部大型のバスが通れないので、今回は中型のバスにしました。昼食の後、佐渡金山を見学し、12.5kgの金の延べ棒を箱から取り出すと金1gを貰えるとのことで、皆さんがんばりましたが、誰もでき大野亀ませでした。珍しくも、1日目も2日目もガイドサンだけではなく、運転手さんの歌も聴くことができました。

雨の旅行になってしまいましたが、トビシマカンゾウを見学したときだけ雨がやむという、なんとも不思議な旅行でした。
雨の旅行でしたが、いい旅ができたと思っています。